スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Twentynine, suddenly
3号線バタフライ、第3集の"Time table"の2曲目、스물아홉, 문득。


苦労してきたねって言ってぎゅっと抱きしめるのでもいいしばかだねーって言って大笑いするのでもいいけど、最後の最後ですべてを許してあげるみたいなとこがあって、だからちゃんとご飯を食べてしっかり寝て、顔を上げて前を見て歩いてください、ということ。

屈折した感情みたいなのがひとまわりして突き抜けたこのポジティブさ。
憑きものがおちたこの開放感。
すばらしすぎてじたばたしてしまいますよね。

"Time table"では안녕, 나의 눈부신 비행기もものすごい名曲なんだけどPVが見つからない。

あ、来月、旅に出ます。
3号線バタフライ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1038
<< NEW | TOP | OLD>>