スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
前景にはわかりやすい嘘を、そして後景にはわかりにくい真実を
 長旅から帰国、いつ出発していつ帰ってきたのかすでに思い出せないのだけども、夏も秋も飛び越えてもはや冬、すでに年末だねえなどと。しばらく日本にいるのだけど流行り廃りがいまいちつかめないね。キャンディーズが解散したのはこの前だしYMOはいつだってライディーンが最先端。まあおみやげはなにもないけども無事に帰ってきたことがなによりのおみやげじゃないですかね!(うるさい)

 今年はばんばん物を処分して、捨てたり人にあげたり売ったりして、なるべく所有しない生活に到達して身軽だな。かたみわけみたいなもんだからってCDと漫画をあげたら「東京ガールズブラボーにこんなシーンあったよね」と笑っていたけども。なんだか近ごろは断捨離なんて言葉が流行ってるそうですが、やってることは断捨離ではなくて池澤夏樹のスティルライフをやってみた。スライドプロジェクタがiPadになったところが時代の流れを感じさせますね。調子に乗っていろいろ捨てすぎたら冬を越すのがやや辛い。

 さてさて日本にもおらずテレビもなくラジオもなく、さらに世間と文化から隔絶された町に住んでいるとたまには下界に降りないと俗世間の出来事がわからなくなってしまいますよね。この前はうっかりクリスマスだったことにも気づかずにそのせいでなんのロマンチックなイベントもなかったわけです。駅前TSUTAYAさんが唯一の文化情報発信地(でもわざわざそんな遠くまで行かない)のリアル凹村では東京に宇宙人が攻めてきて戦争になったとしても気がつかないかもね。情報が流通しないと興味を持たれなくて文化的な断絶が生まれるという話。

 そんなこんなでみなさま年越しの準備はよろしいか。大掃除は早めに終わらせて明日はLIQUIDROOMでパーティーしましょう。

 さよなら、後藤さん。




(2010年12月29日)

流線型事件 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








唐須さんおかえりなさい。

あけましておめでとうございます。

今年も楽しみにしています^^
from. ひろし | 2011/01/01 04:11 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1130
<< NEW | TOP | OLD>>