スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「いいにおいのする部長」@渋谷クアトロ その3
 このイベントの出演はその他に赤い公園、OverTheDogs、Vampillia、進行方向別通行区分。ばらばらに見えて、4バンドとも演奏うまいなーということと、曲にしろパフォーマンスにしろ展開が演劇的なバンドかなという気はして、これは主催のVampilliaの好みなのかなと思います。

 赤い公園はまず演奏がものすごくうまいです。曲はずいぶんとハードなロックで千葉LOOKによく出てそうなバンドでした。県境を越えて千葉県に入るとハードコアやハードロックが流行ってるイメージってあるじゃないですか。そうでもないですか。それとメンバーはCoccoとか戸川純とか好きそうです。世代的にお母さんが戸川純好きだったので聴いてましたといったところでしょうか。

 OverTheDogsは渋谷屋根裏のUnder the counterに続きメジャー感のあるバンド。NARUTOで言えばエンディングの曲に使われてそう。いいにおいのするイベントにはもっとアングラ感とかひねくれているとかそういったバンドが出ているイメージが強かったのでだいぶ意外ではある。

 この2バンドには正直なところそれほど感想がありません。演奏はうまいし人気もありそうだしいいバンドであるとは思うのですがぐっとこない。心にぐぐぐっとくるなにかがない。なにがあったらいいのかわからないけど。O-nestあたりで見たらまた違うのかもしれません。

 ぐっとこないとはいえ、赤い公園とOverTheDogsの曲には展開のドラマチックさがあると思います。ドラマチックってなんなんですかね。音楽理論がどうこうというよりは、言い換えれば世界観と物語性というか。

 長くなりそうなので今夜はここらで。

 つづく

(2011年2月2日)
進行方向別通行区分 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1137
<< NEW | TOP | OLD>>