スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
くりかえされる8月32日 よみがえれぼくのなつやすみ
 まったく生産性のかけらもなく8月が終わって9月もそろそろ終わり、振り返ってみれば8月は暑い暑いで9月に入っても暑い暑いで台風が来て過ぎていってやっと涼しくなった。関東平野の天候は加減というものを知らない。もう秋を通り越して冬でもいいじゃないか。いっそのこと。

 ☆

 はてさて1ヶ月もブログもさぼってなぜならばって忙しかったからでなんでかって言うと社会正義に目覚めてたんです!

 やっぱりネットが普及したことによって一般の個々人が情報を全世界に発信して共有する手段を手に入れたじゃないですか。そしたら偏向と陰謀と私利私欲と既得権益にまみれたテレビやら新聞やら既存マスゴミの伝えない世界の真実を白日の下に晒して糾弾するのが意識の高い市民、そしてネットユーザーとしての義務だと思うんですよ!

 しかもSNSやTwitterやYouTubeが腐敗した政権を打倒した革命の成功に大きく貢献したことも記憶に新しいじゃないですか!腐敗した政府にNO!堕落した政治にNO!を突きつけるためにも我々もネットで実名を晒してこの情報革命の新たな波に積極的に参加して社会を変革すべきなのです!

 そしてあの丘を越えて真澄の空は朗らかな9月!社会正義に目覚めたためにこの世界の真実に気づいてしまったんです!

 そう!8月が繰り返されていることに!

 実は我々はテレビや新聞やカレンダーを販売している大企業に騙されていたんです!8月31日のあとに9月1日だという大本営発表を信じ込まされていただけで我々は実は延々と繰り返される8月の中にいるんです!

 例えれば我々は!モーフィアスに赤い薬を飲まされてしまったネオ!Welcome to the real world!わたしたちひとりひとりがこの世界のオンリーワンな救世主!

 搾取を許すな!NO MORE 映画泥棒!

 この衝撃の真実をこれからWikiLeaksに投稿しないといけない。

 ソースを示せって言われても御用学者どもと学会の権威によって公表が妨害されてるんで世間的には存在しないほんと内部情報なんですよ。確かな情報筋から聞いたんで信用してもらっていいんですけど、ほらやっぱり本人の名前とか肩書きとか出すとやばいじゃないですか。狙われるかもしれないじゃないですか。電磁波攻撃とか危険ですよびびびびびって。

 権力に邪魔されてるからなかなかこの真実って世に出ないんですけど、検閲と出版社の自主規制、最近は条例とか新しい法律とか作られて恣意的に運用される可能性があるじゃないですか、だからどうやって規制の網をくぐり抜けるかが問題で、まあ詳しいことは笑いの大学っていう啓蒙演劇を観てもらったらわかると思うんですけど、やっぱり真実と、それを知っている立派な人たちって残念なことに弾圧されちゃうんですね。いつの世でも。

 それでこれまでに1冊だけこのことに触れた本が出てて、涼宮ハルヒの暴走っていう本なんですけど、この中のエンドレスエイトっていう短編小説がそうで、小説、しかも権威によって格が下だとみなされて蔑まれてるライトノベルとして書いたから出版できたんですけど、著者の苦労が行間から溢れてくるのを感じるんですね。未来のある少年少女たちに真実を伝えようっ、伝えなければっ、ていう強靭な意志をひしひしと感じるんですよね。

 エンドレスエイトはTVアニメにもなって8週もほぼ同じ内容が繰り返し放送されたんですけど、今になって思えばああ、あれも真実を知る一握りの人たちが、厳しい規制の中で立ち上がって、切実なメッセージを発していたんじゃないかなと思うんです。それを気づこうともせずに話題作りだ手抜きだ製作費削減だと騒いでいた、そういう先入観で裏事情まで推測して決めつける態度はやっぱり反省すべきじゃないかなって。

 昔から体制や権力にとって不都合な真実を述べる人間は弾圧されるのです。この記事も体制によって削除されたりIPアドレスから枝がつけられてたりするかもしれないからとっても危険ですね!

 やっぱりこの真実が世間に受け入れられないのは民衆がマスゴミに洗脳されて偏った見方をしてるからで、そうならないためにはテレビも見ずに新聞も読まずにアレを前進させるのがいいと思うんですよ。やっぱり信頼できるのはネットの情報なんですよ。

 特に虚構新聞!!

 ☆

 ほんとは今回は、神聖かまってちゃんがテレビに出た話題を見聞きしたり新曲を聴いたりしてたらの子の中でもう答えが出ちゃったんじゃないかなあと思ったのでその話を書く予定だったのですが方向性を誤ったので書けませんでした。

 おっと誰か来たようだ。
流線型事件 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1148
<< NEW | TOP | OLD>>