スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
くりかえされる8月32日 よみがえれぼくのなつやすみ(3周目)
 振り返ってみれば顔を見れば暑いねえと挨拶し誰の顔を見なくても暑い暑いと繰り返していたら8月が終わっていた。まったく関東平野の天候は加減というものを知らない。そういえばこの8月には10年近くもかかってしまったお蔵出しを終えたのだった。夏休みの課題が終われば夏休みが終わる。そこでやっと壁にかけてあった8月のカレンダーをめくって9月に入ったわけだ。主観的な時間の長さは人によって違うと思いなよ。なんとなれば毎日が夏休み。しかしまだ9月のカレンダーはめくっていない。もうしばらくは残暑が続いていてもいいじゃないか。

 ☆

 夏休みで思い出した。

 神聖かまってちゃんの新曲を聴いたらの子の中で問題に答えが出て夏休みが終わったんじゃないかという話がしたかったんだった。

 要はの子が自分語りをする時期はとっくに終わって聴く人に共感される存在から聴く人に共感してあげる存在に変わっちゃったんじゃないかって話。

 ☆

 やっぱりネットが普及したことによって個々人が情報を全世界に発信して共有する手段を手に入れたじゃないですか。そしたらバンド活動でもなんでも、見栄えの善し悪しは当然あるけども、自分で情報を発信して流通させることができるようになった。音楽だってテレビやらラジオやらCDやら既存のメディアで流通してなくてもネットの上では話題になってたりメジャーもインディーズも公式も非公式もオリジナルも二次創作もサブテキストも入り乱れてものすごい量の情報が流通するようになった。

 当然ネットから火がついて大ヒットなんてことも起こりうるわけで、例えば相対性理論のこれまでの経緯を振り返ればまずネットで音源が大量にダウンロードされ並行してCD-Rが売れまくり、その後は本人たちはまったく姿を現さないし情報も出さないのにライブでの目撃情報や曲をめぐるいろいろな感想やメンバーの背景に関する妄想がネットの上で増殖して溢れた結果がすっかり人気ものになっちゃいましたね。バンドの活動として曲とライブとCDってそれだけではなくてネットの上での相対性理論語りが積み重なって行く過程もおもしろかったと言える。ここまで語られる話題の尽きないバンドも珍しいのではないか。それはまた別の話にするとして。

 このネットを使ったDIYな情報発信ができる、ようになった、できの善し悪しはあるにしても、ということで実際に積極的に利用したのが神聖かまってちゃんで、mf247やらaudioleafで曲を配信したりニコニコ動画にPVを作ってはアップしてた。今までにオリジナルで50本くらいはあるんですかね。数えてないけど。さらに曲とPVをアップするだけでなくてニコニコ生放送でライブでも私生活でもなんでもかんでも配信した。今でもしている。いつでもなにかしら配信しているからすでになにが配信されているのか把握できていない。

 ☆

 しかしだいたいこのあたりの話なんてクイックジャパンとかそのあたりの雑誌に書いてあるはずなんでわざわざ書く必要もないしあまりにも今さらだしなによりの子の作る曲が変わったよねって前ふりにつながらないのでやりなおします。
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1153
<< NEW | TOP | OLD>>