スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
印象派は世界観を更新する
この1ヶ月ほどずっと印象派のNietzscheを聴いています。
これがものすごく良くて、100点満点で点数をつけろというなら一億万点くらいつけるし、5つ星で評価しろというなら夜空の星を左から右までぜんぶ並べるね。
あいにく今夜は曇り空なので星の代わりにマーブルチョコでも並べておこうか。

思えば、印象派をiTunesでうっかり試聴して震えたハートが6月、燃え尽きるほどヒートな7月を過ぎ、血液のビートが8月までのカウントダウンを刻み、ここにきてやっと印象派のなにがぐっとくるんだろうと考えてみたわけ。説明を試みたわけ。
やっぱり名前が漢字だってところがいちばんじゃないかな。

残念なことに印象派を絶賛するのにこの夜は短すぎるし、連ねる星も言葉も足りなすぎる。
長い話を短くするなら、鮮やかで印象的な歌詞とニューウェーブな音で構築されたSFチックな世界観に骨抜きッすよ?
小説で例えるなら飛浩隆のグランヴァカンス、サンライズアニメで例えるならゼーガペイン。
ばらばらな場面を歌っているけども最後まで途切れない統一感は、水っぽいイメージが共通することもあるだろうし、生身感のない表現で「わたしのアバター」とその後ろに隠れた「わたし」を感じさせるところかもしれない。

最後のoutで到達する現実世界を底に置き、その上に重ねたレイヤーの上での出来事、もしくは併存する区界での出来事を、「わたしのアバター」、もしくは、「情報的似姿」、が、語っている、とすれば、いま、現実と呼んでいる世界と、データで表される、仮想現実の世界、の、二重写し、こそがNietzscheの、世界観、で、、、それはおそらく、攻殻機動隊やサマーウォーズや、アニメや小説や映画では、多く扱われてきた、題材であって、、印象派の、体からちょっと距離を感じる言葉、によって、表現されてるんだろうなって気がする、そういう仮想的な「わたし」と、「わたしn」の関係ってのが、最近になってそのように解釈されるようになった世界観で、それが、印象派が更新しちゃった世界観じゃないのか、なー、、、なんて、そんな、気がしませんか(これアカンやつや、練れてないなら削除するパターンのやつや)

なんにしろなんでもっと早く見つけておかなかったのかとは思うよ。

ホームページの謎のカウントダウンもあと1日をきったことだし、なにが起きるか待ち。
今のこの時代にそれほど驚くようなことも起こらないだろうという気はするけども。
まさかの初音ミク加入。




流線型事件 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ryusenkei.jugem.jp/trackback/1159
<< NEW | TOP | OLD>>